愛知川沿岸土地改良区での農業用水対策は、1950年(昭和25年)に滋賀県愛知川総合開発の調査が始まり、1952年(昭和27年)に国営愛知川事業が着手され、その後永源寺ダム建設によりスタートしました。
 ダム湖内には3集落213戸の水没家屋があり、大昔より永く住み慣れたふる里を立ち退きして頂くことに格別の理解と協力を頂き、1972年(昭和47年)に一万農家が待ち望んだ永源寺ダムが完成し、翌年度から受益地の一部に送水が始まりました。同じくしてほ場整備は急ピッチで進み、品質改良や営農形態の変化と共に近代農業が始まり、今日まで近江米の産地湖東平野2市2町の水田7,000haは、守られてきました。
 農業用水は地下水をかん養し、上水や工業用水の源となるほか、防火用水や生活用水、親水空間の保全などにも利用されています。また、水田は、洪水時には貯水池の役割を果たし、洪水被害の軽減にも寄与しています。このように、農業用水は地域において、多面的な役割を持ちあわせています。
 ところが、水田の汎用化に伴う用水量の増や、営農形態の変化により水需要が増大し、さらに地球温暖化の影響による小雨化や猛暑などで用水不足となっていますが、近江米の美味しい米づくり、売れる米づくりには安定した用水が必要です。
 一日も早く用水不足の解消を図り安心して水田農業を営むことが出来るように本事業が計画されました。